5/27(日)マレーシア ロングステイ、留学、不動産フェア

長期滞在ビザ(MM2H)、インター校、海外税務、現地資産運用、住まいの情報が満載!

午前の部 10:00~12:00(開場9:45~)
午後の分 13:30~15:30(開場13:15~)

マレーシアは2006年に世界一住みたい国に選ばれて以来、今年で12年間トップを継続しています。
クアラルンプール「三井ららぽーとモール」隣接の優良物件もご紹介いたします。
【セミナー内容】
①ロングステイ&MM2Hビザ最新事情
②現地銀行口座、資産運用事情
③マレーシア留学の勧めと現地インター校情報
④マレーシア移住の際の日本の税金、マレーシアの税金
⑤現地住まいの情報(賃貸、購入物件)
(午前の部と午後の部のセミナー内容は同一です。)

他のアジア諸外国と比べて政治、治安が安定し、英語が良く通じて親日的な国民性、物価がまだ日本の半分以下、一年中温暖で天災がほぼ皆無、ショッピングモール、病院、学校等の生活インフラが優れている、長期滞在ビザが取得し易い等が人気の理由です。
またマレーシアは英連邦国家なのでインター校がたくさんあり、学費も割安で、日本人の留学先としても人気が大変高まっています。マレーシアに子供を留学させた場合、英語以外に中国語等も学ぶ機会があるというメリットもあります。
マレーシア不動産は日本の物件に比べて広く、プールやジム等の施設も立派で、デザインもお洒落なものが多く、賃貸でも購入でも大変割安です。リタイアメントホーム、別荘、投資目的、子供の留学のために物件を購入する日本人が大変増えております。
今回のフェアでは、クアラルンプール都心に建設中の「三井ららぽーとモール」に隣接する優良コンドミニウム(ルセンテイア レジデンス)も紹介いたします。2駅にも隣接し、リタイアメントでも別荘でも投資用でも大変魅力的な物件です。
また資源国家のマレーシアは日本に比べ、税金が大変安いことはご存知でしょうか? 例えばマレーシアには住民税、相続税、贈与税がありません。所得税も最高税率で28%と日本の半分程です。マレーシアは国内所得以外の海外収入に課税されません。日本で高額の収入を得ている方が、日本の非居住者、マレーシアの居住者になった場合、大きな税金のメリットも出て来ます。

講師のプロフィール
石原彰太郎
石原 彰太郎
株式会社コスモス・プラン、トロピカル リゾート ライフスタイル(MM2H)代表取締役。『日本脱出先候補国No.1マレーシア』(筑摩書房)著者。在マレーシア26年。
芦田敏之
芦田 敏之
税理士法人 ネイチャー国際資産税 統括代表社員 税理士。国際資産税専門ファームとして、国内外における投資・相続・事業承継・M&A等の対応実績を数多く有する。
●会場:ベルサール八重洲 Room C
東京都中央区八重洲1ー3ー7
八重洲ファーストフィナンシャルビル2F
JR「東京駅」徒歩3分
東京メトロ「日本橋駅」A7出口直結
●入場:無料〈事前申し込み先着50名様限定〉
(定員になり次第、締切らせていただきます)
FAXでのお申込みの場合は①氏名②住所
③電話番号④セミナー期日⑤午前の部か午後の部かをご記入下さい。
FAX 03-3667-1808
主催/株式会社週刊住宅タイムズ
後援/ロングステイ財団、マレーシア政府観光局
企画/株式会社コスモス・プラン
ベルサール八重洲

お申し込みはコチラから

PAGE TOP